売電についても調べましょう

自宅の屋根で太陽光発電ができるようになったら、売電したいって思うんじゃないでしょうか。
設置をした後のことも考えなくてはなりません。
むしろ、太陽光発電システムを設置した後のほうが大事なんじゃないでしょうか。
自分の家で発電した電気が余ったら、どんどん売電しようって思っている人は、売電について詳しく知っておきましょう。
現時点では、売電価格はとても高く、1kwあたり42円で買い取ってもらえるように設定されています。
あくまでも、現時点での話です。
この金額は、かなり高い金額ですので、いつまで42円が続くのかはわかりません。
しかも、ダブル発電の場合は34円に下がってしまいます。
このダブル発電に気を付けないといけないんです。
太陽光発電システムの電気だけを売電する分には42円で買い取ってもらえるんですが、ほかにも発電できる機械があって、太陽光発電とほかの発電した電気を同時に売電してしまうと、ダブル発電とみなされてしまい、買い取り価格がガクンと下がってしまいます。
電気自動車を持っている人は、電気自動車に蓄電した電気もダブル発電とみなされることがありますから、太陽光発電で発電しているときには、電気自動車の電気を使わないようにするなどの工夫をしたほうがいいでしょう。
売電するときには、契約をする必要があります。
太陽光発電システムを導入するときに、施工業者のほうから説明があるでしょうし、契約も済ませてしまうはずですから、この点はあまり問題はないでしょう。
売電価格に関しては、これからどんどん下がっていく可能性があります。
太陽光発電システム自体の価格も下がっていくとは思いますが、売電を真剣に考えているということであれば、早めに設置したほうがお得でしょう。
たくさん売電して、収入に変えることもできます。
補助金と売電のことを考えると、早めに決断したほうがいいんじゃないでしょうか。
悩んでいる人は、なるべく早く結論を出すことをお勧めします。

get( 'keyword', 6 ) ?>
get( 'comment', 6 ) ?>