太陽光発電の施工例から

大阪府箕面市といえば、もみじが美しいことで有名な町ですが、その箕面市で実際に太陽光発電を導入した施行例から、箕面市における太陽光発電の有用性について考えてみたいと思います。
蓄電池の設置はなしという施工例によると、補助金を利用して150万円ほどの費用が掛かっていました。
けれど、驚くべきは設置後の光熱費で、電気・ガスの一か月利用料金がだいたい平均で17000円ほどかかっていたのが、太陽光発電の売電分とで相殺すると、月額1000円程度に激減するほか、時によっては売電の方が多くなり、光熱費がマイナスになることさえあります。
この施行例を見ていると、電力が買取されるようになったメリットをつくづく感じます。
自分自身の性格からいえば、これは光熱費が安くなったからどんどん使おうということではなく、よりいっそう使い方に気を付けて、むしろ毎月光熱費をゼロ収支、あるいはマイナス収支に持っていこうと考えるのではないかと思うのでした。