大きな地震の備えての枚方市での太陽光発電

将来的に大きな地震が各地で起こると予測されています。
その一つの大きな存在になってるのが、東南海・南海地震というものです。
東南海・南海地震の予測なのですが、
一部の地域で津波が30メートル以上になるという刺激的な予想もされています。
そういったことに危機感を抱いている地域は多いです。
その地域の一つに枚方市があります。
大阪府は特に低地帯にあります。
海抜がほとんどないような地域がほとんどになっているのです。
ですので、津波がきますとあっという間に広がってしまうのです。
海からはまだある枚方市でありましても、
東南海・南海地震によりまして一部は浸水してしまうのではないかという話もあります。
そういった地震の被害には津波による浸水だけではありません。
長期間の停電というものもあります。
阪神大震災や東日本大震災で経験したことがあるという方も多いでしょう。
長期間の停電ほどつらいものはありません。
そういったものに備えるために、
太陽光発電の導入が急ピッチで大阪府でも進められています。
特に、前述した枚方市でも導入をされ始めているようになっているのです。
のちの停電などに備えるという意味でも太陽光発電が積極的に利用されているのです。
これからも多くのご家庭での導入が進むと考えられます。
震災での停電リスクを少なくする、おおきなメリットを内在しているからです。
国や自治体でも補助金を出すなどしてくれていることもあります。
そういったものを利用していまのうちに将来の震災に備えるのです。