高槻市での太陽光発電システムの導入

高槻市では、住宅用太陽光発電システムの導入に対して補助金を出す制度を設けています。
そもそも、太陽光発電は、住戸の屋上などに設置したソーラーパネルに太陽の熱エネルギーをあてることで発電をするシステムを言います。
この発電方法は太陽熱を利用することから、天然資源などを用いず、また、発電時に二酸化炭素などの有害物質を排出しません。
したがって、環境によい発電方法といえます。
しかし、太陽光発電システムの設置については、100万円以上の多額の資金が必要となります。
そこで、自治体がその設置に対して補助金を支出することで、システムの設置を推進する結果をもたらせます。
高槻市でも、同様に予算枠を設けることで補助金を支出していますが、この補助金制度を導入した結果、住民による太陽光発電システムの導入は促進されました。
このシステムを設置することで、住民の地球環境についての関心をさらに深めることもできます。
高槻市以外の自治体でも今後、補助金制度は広まっていくでしょう。