楽しく節電開始

平野区の自宅に太陽光発電を導入してから、節電によりいっそう力を入れることができています。
家族全員協力的なので、とても嬉しいです。
特に子どもたちは、電気の有り難味がわかっていませんでした。
そのためあつければエアコンをガンガンつけ、寒ければすぐにヒーターをつけていました。
まずは着る物で調節しなさい、と言ってもまったくきかないのです。
ですが太陽光発電を導入し、メーターで消費電力や発電量、売電量を見れるようになってからは、自分たちがどれくらいの電気を使い、その使用料金がどれくらいなのかわかって、ようやく節約に協力するようになりました。
本当に良かったです。
電気はタダではありません。
子どもたちには、しっかりと電気の大切さを伝えるべきだと思います。
今の時代、電気があるのが当たり前になっているので、親がしっかりと電気の大切さを伝えていくべきでしょう。
子どもの同級生のお宅も、今度導入するそうです。
平野区でどんどん普及が進んでいけば良いな~と思います。