枚方市での太陽光発電の導入について

最近、地球温暖化が問題となっており、それを防止するために温室効果ガスの排出規制が世界的に求められています。
また、環境に配慮する住民のエコロジー活動を国や自治体が積極的に支援しています。
枚方市でも補助金制度を導入して、住民の太陽光発電の導入を促進しています。
なぜ太陽光発電なのかについて、原子力発電所は、万が一事故が起こった場合には、2011年に発生した東北大震災で起こった事故のように多大な被害発生します。
火力発電は石油や石炭などの天然資源を利用するため、有限な資源の無駄遣いになり、さらに発電時に二酸化炭素を排出するため、環境破壊を助長してしまいます。
そこで、環境に優しい発電方法として太陽光発電が注目されているのです。
太陽の熱エネルギーを電力に変える太陽光発電は、発電時に温室効果ガスの排出をしないため、地球温暖化防止に寄与します。
ただ、住宅用太陽光発電システムを設置には多額の費用がかかってしまいます。
そこで、各自治体が助成金などを援助してシステム設置を促進しているのです。
枚方市では、住民による住宅用太陽光発電システムの設置に対して、補助金制度を設けています。
その結果、枚方市で新たにその住居に住宅用太陽光発電システムを設置する人は、大阪府による補助金と枚方市からの補助金双方を申請することができるため、設置にかかる費用負担が軽くなります。
この補助金制度を利用して住宅用太陽光発電システムを設置する家庭は、増加してきています。
今後、太陽光発電が枚方市でさらに浸透していくでしょう。